つくばエクスプレス研究学園駅より徒歩1分、内科、消化器科、アレルギー科、肝臓科、生活習慣病、内視鏡、健康診断、人間ドックセンターの研究学園クリニック

 

苦痛の少ない安全な経鼻胃内視鏡検査(鼻からの楽な胃カメラ)

苦痛の少ない安全な経鼻胃内視鏡検査(鼻からの楽な胃カメラ)胃内視鏡検査とは、先端に高性能カメラがついた細いチューブ(経口の場合は直径1cm程度、経鼻では5mm程度)を口や鼻から挿入し、食道・胃・十二指腸を観察する検査です。

胃痛・胃もたれなどの原因となる胃潰瘍や胃炎はもちろん、わが国で年間10万人以上が罹患する胃がん(がんの部位別では第1位)の正確な診断が可能です。また、胃がんになりやすいとされる慢性胃炎の有無によって発がんのリスクを判定することもできます。

胃炎や胃潰瘍を診断する際に必須の検査である胃内視鏡検査ですが、近年は胃がん検診でも主役となりつつあります。

従来の会社の検診などで行われている採血でのペプシノゲン値は胃がんには間接的にしか関係しておらず、腫瘍マーカー値(CEA,CA19-9など)は、がんが相当進行しないと異常値にならないため、共にがんの予防・早期発見の手段としては不適当です。

また、胃X線検査(バリウムを飲む検査)は低コストの診断法ですが、いわば「影絵で判定する」方法なので、小さな病変や平坦な病変は発見が難しく、検査精度に限界があります。

一方、胃内視鏡検査は「じかに胃の粘膜を見る」方法なので、微細な病変も発見でき、同時に組織採取(生検)もできるため、確実な診断が可能です。

当院は、最先端の苦痛の少ない鼻からの胃内視鏡を導入し、内視鏡専門医による高水準の技術により、さらに楽な検査を可能にしています。その結果、検査受けた約90%以上の方が、「これまでの口からの胃カメラに比べて楽だった」「痛みを感じなかった」と話しています。また「鼻からはどうしても抵抗がある」という方のために、口からの胃カメラもご用意しておりますので、ご安心ください。

鼻からの内視鏡には以下のような特徴があります。

(1)苦痛が少ない
下の写真は、経鼻/経口内視鏡を比較した写真です。経鼻内視鏡は鼻にスムーズに挿入できる約5mmの細さです。痛みを感じることがほとんどありません。
苦痛が少ない
(2)おう吐が起きにくい
内視鏡が舌のつけ根を通らないので、吐き気をほとんど感じずに検査を受けることができます。
おう吐が起きにくい
(3)会話ができる
検査中も会話が可能なため、質問したいときには自由に医師とお話できます。
会話ができる

胃内視鏡検査の流れ

1.検査前日

  1. 前日の午後9時以降から検査終了までは何も飲食しないで下さい。
  2. 水分は適度にとっても結構ですが、水以外は飲まないで下さい。
  3. 普段から就寝前に薬を服用している方は、いつものようにお飲み下さい。

arrow

2.検査当日

  1. 検査が終わるまで何も飲食しないで下さい。
  2. 薬は検査終了後に服用して下さい。
  3. タバコも吸わないで下さい。

arrow

3.検査前の準備

  1. まず、胃の中の泡をとる薬を飲んでいただきます。
  2. 次に、両鼻に粘膜をひろげる薬を噴霧し、約5分おきます。その後、どちらか片側の鼻腔に麻酔を流しこみ、カメラと同じ太さ(約5㎜)のカテーテルを挿入します。
  3. 胃の動きを鈍くするための注射をします。この注射により、一時的に口が渇いたり、目がかすんだり、尿が出にくくなったりすることがありますが、間もなく治りますからご心配はいりません。(以前にこのような症状があった方は申し出てください。)
  • 高血圧、心臓病、緑内障、前立腺肥大のある方は申し出てください。

arrow

4.検査後

  1. 約30分は麻酔が効いていますので飲食しないで下さい。なお、タバコも吸わないで下さい。
  2. 検査中に中をよく観察できるように空気を入れます。お腹が張った感じが残る事がありますが、ゲップやガス(おなら)として出れば治ります。
  3. 組織をとって検査をした場合は、2~3日は刺激物の食事を避けて下さい。検査結果は約2週間で分かります。
  4. 細かい変化を観察するための色素液を散布した場合は、後で尿に色がつく事がありますが心配いりません。
  5. ひどい痛みがある時や黒い便が出たりした時には、来院するか連絡して下さい。

arrow

5.その他

  1. なるべくゆったりとした服装でお願いします。
  2. 検査時間は約15分です。画像を写真にして検査後に診察があります。
  3. その他、検査についてお分かりにならない事などがありましたらお聞き下さい。

内視鏡洗浄消毒器

内視鏡洗浄消毒器内視鏡検査による感染を防止します。

内視鏡検査に使用したカメラには消化器内部の消化物や粘液、ときには血液が付着します。それらが少しでも残っていると細菌やウイルスなどを他の人に感染させる恐れがあります。

当院ではそれらの付着物を完全に洗い流し、細菌やウイルスをすべて死滅させるために、つくば市初の最新の自動洗浄消毒器ESPAL IIIを導入して、その都度十分な洗浄消毒を行っています。

どうぞ、安心して内視鏡検査を受けてください。

 
内視鏡、健康診断、人間ドック、肝臓外来、循環器外来の研究学園クリニック
〒305-0817 茨城県つくば市研究学園5丁目12番地4 研究学園駅前岡田ビル5F
TEL:029-860-5355 FAX:029-860-5356
Copyright © 2017 Kenkyu Gakuen Clinic All Rights Reserved.